英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 契約書翻訳ツールカタログ » MTrans Team

MTrans Team

  

MTrans Teamの特徴

お客様専用のデータベースを用意

MTrans Teamは、直感的なインターフェースを持つ自動翻訳ツールです。MTransを購入した場合には、そのお客様(会社)専用のデータベースを用意されますが、翻訳を行うたびに翻訳文(業界用語や社内用語など)を蓄積し、修正された翻訳データをデータベースに保存して共有・再利用を行います。そのため、使えば使うほどデータベースの内容が蓄積されて「成長」し、作業効率がアップ。組織の外国語対応力の底上げが期待できるでしょう。

自然な翻訳につながる用語集

例えば、よく使用する単語や専門用語、業界用語などを登録した用語集を作成することも可能。しっかりと登録していくことにより、翻訳後の文章に統一感を持たせられます。フレーズ集に登録を行うと、MTransに搭載されたAIが学習していきます。

セキュリティ体制も万全

MTrans Teamは、API接続のため翻訳データが公開されてしまうことや共有の心配はありません。

また、会社やユーザーごとのデータベースを提供しており、その中のデータ参照・編集・再利用が可能なのはメンバーのみとなっているため、再三者から覗かれる、流用されることはなし。また、サーバはAmazon社が提供するAWSを採用しています。

MTrans Teamの利用方法

MTrans Teamは、初期設定は30秒程度で済む手軽さが大きな魅力。さらにインターネットに接続できる環境であれば、どこにいてもスタッフ全員が利用することができます。

翻訳は、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで自動翻訳でき、誰でも簡単に利用ができます。アップロードできるファイルの種類は、Microsoft Office2007以降のWord、Excel、パワーポイント、CSV、HTML、PDFに対応しています。アップロードできるファイルの文字数は1ファイルあたり50,000文字あたり、または45MBまでとなっています。

MTrans Teamは14日間の無料トライアルを用意していますので、導入を検討されているかは一度使用してみると良いのではないでしょうか。

MTrans Teamの口コミ評判

引用元:ヒューマンサイエンス公式サイト(https://www.science.co.jp/case/taiyonissan/mtransteam/)
引用元:ヒューマンサイエンス公式サイト(https://www.science.co.jp/case/jsw/mtransteam/)
引用元:ヒューマンサイエンス公式サイト(https://www.science.co.jp/case/jsw/mtransteam/)

基本情報

会社名 株式会社ヒューマンサイエンス
対応言語 日本語/英語/中国語(簡体字)/中国語(繁体字)/韓国語/タイ語/インドネシア語/ベトナム語 など
料金目安 スターター3:9,000円、スターター5:12,000円、スモール:24,000円、ミディアム:40,000円、ラージ80,000円、エクストラ・ラージ:150,000円(税不明・初期費用100,000円が別途必要)
導入実績 太陽日酸株式会社、株式会社日本製鋼所 など

安くて実績のある契約書の
翻訳会社BEST3

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。

関連ページ

英文契約書の翻訳会社厳選カタログ・契約書翻訳時のポイント

契約書翻訳ツールカタログ
WorldLingo
DeepL
Qlingo(クリンゴ)
みらい翻訳
リーガルエンジン

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。
※価格は、2021年12月の情報です。