英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 契約書翻訳に関するよくある質問

契約書翻訳に関するよくある質問

  

ここでは、契約書の翻訳にまつわる「よくある質問」をまとめました。

個人からの依頼も対応可能ですか?

個人からの依頼も対応可能と記載している企業はあります。企業によって対応が異なる可能性がありますので、不安な場合は事前に確認するとよいでしょう。

翻訳の流れはどのようになっていますか?

基本的に、以下のような流れとなることが多いです。

翻訳会社によっては、見積もりの提示の前後に「無料トライアル」があるケースも。翻訳したい原稿をあらかじめ共有しておくことで、事前にクオリティチェックをした上で判断することが可能です。

基本的には見積もり後に正式発注となるので、まずは各社に見積もりをとった上で品質と費用のバランスを見て判断するとよいでしょう。

契約書翻訳会社はどのように選ぶべきですか?

契約書の翻訳には高い専門性が求められます。会社選びは慎重に行いましょう。以下のような基準で各社の情報をチェックしていただくのがおすすめです。

取引実績に関しては、各社HPにて公開しているところが多くあります。官公庁や教育機関との取引がある翻訳会社もあり、実績には必ず目を通しましょう。価格設定に関しては、8円~20円程度が相場です。原稿の専門性の高さによって、見積もりの額も変わりますので、翻訳料金に関しては目安として考えておくようにしましょう。

翻訳の依頼に関しては、レスポンスも非常に重要な要素です。対面せずに完結することもあるため、メールでのフォローが非常に重要です。問い合わせへの対応も、翻訳会社選びの重要なポイントです。

翻訳にはチェックも重要です。ネイティブスピーカーが翻訳していない場合でも、最終的に言い回しの部分などをネイティブがチェックすることで品質を担保することができます。チェック体制を整えているかどうかが、品質の担保にもつながります。

契約書翻訳会社の選び方については、以下のページでも詳しく紹介しています。

契約書の翻訳会社の選び方について見る

安くて実績のある契約書の
翻訳会社BEST3

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。

関連ページ

英文契約書の翻訳会社厳選カタログ・契約書翻訳時のポイント

  • 契約書翻訳ツールカタログ
  • 翻訳を依頼できる契約書の種類
  • 必見!翻訳会社の正しい選び方【契約書編】
  • 英文の契約書を翻訳する際に注意すべきポイント3つ
  • 英文契約書の翻訳会社カタログ
  • 契約書翻訳のための基礎知識
  • 国別に解説!契約書の翻訳を依頼する際の注意点
  • 【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
    ※各社英訳と和訳の平均価格で比較。
    ※価格は、2021年12月の情報です。