英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 翻訳を依頼できる契約書の種類 » 品質保証契約書

品質保証契約書

  

品質保証契約書の翻訳事情や翻訳会社の選び方について詳しく紹介します。

品質保証契約書とは

商品を入手するには、工場へ製造を依頼する、もしくは海外から輸入するなどの方法があります。そのときに、重要となるのが品質保証契約書です。この契約書で十分な取り決めが行われていない場合は、大きなトラブルにつながる可能性があります。

商品の仕上がりが販売できないレベルのクオリティだったときには、売り手あるいは買い手が責任を負わなければなりません。そのような場面で責任の所在を明らかにするためにも、品質保証をしっかりと定めておくことが求められます。

海外とのやり取りでは注意が必要

海外で製造された商品の品質が問題になることは、決して珍しい話ではありません。日本の品質基準は、世界の国々と比べると比較的高い部類に入るとされています。

日本では常識と捉えられている品質基準でも、海外の工場では上手く共有されないケースがあります。そこで生じた考え方の違いが、結果として品質のイメージのずれにつながる恐れがあるのです。

海外に商品製造を委託する場合は、品質保証の取り決めを抜かりなく行いましょう。そのときには、正しく翻訳された契約書の存在が欠かせません。

品質保証契約書の翻訳事情

品質保証契約書を翻訳するときに、知っておかなければならないのが契約書の違いです。日本と海外の品質保証契約書では書き方や構成が変わります。契約書はそれらを踏まえたうえで翻訳しながら作成しなければなりません。

たとえば英文の契約書は条項の数が多く、それぞれの内容が細かく定められています。口頭証拠排除法則等の適用もあるため、契約書に記載していることは順守して、書いてないものは一切実施しないというスタンスです。

対して、日本の契約書の多くは条項の一文が短いのが特徴です。状況によって柔軟な解釈ができるようになっているケースが珍しくありません。

翻訳会社の選び方

品質保証契約書の翻訳を依頼する場合、英米法、国際法といった海外の法律や、契約に対する日本との考え方の違いなどの知識が豊富なところを選びましょう。翻訳部分が専門的な場合は、その分野に詳しい人がいる翻訳会社に依頼するのが理想です。

会社によって翻訳できる言語の種類が異なる点も確認すべきポイントです。翻訳会社を探す際は、翻訳の実績に加えて、必要とする言語の実績にも注目すると良いでしょう。

関連ページ

契約書の翻訳会社厳選カタログ

翻訳を依頼できる契約書の種類
合弁契約書
ライセンス契約書
重要事項説明書
取引基本契約書
委任契約書