英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 契約書翻訳ツールカタログ » AI翻訳サービス

AI翻訳サービス

  

AI翻訳サービスの特徴

専門用語も高精度翻訳

AI翻訳サービスは、各専門分野ごとにチューニングした翻訳を提供しているため、契約書はもちろんIR資料や企画書、マニュアル、プレスリリース、研修資料、特許明細書などに多い専門用語も高精度翻訳することが可能となっています。

また、高精度な翻訳がスピーディーに完了する点もポイント。1つのファイルに対して数分あれば翻訳が完了します。例えば外部に翻訳を依頼する、自分たちで翻訳を行う場合にかかっていた時間が大幅な時間短縮が可能なため、業務請負に集中することができるでしょう。

すぐに訳文を確認可能

PDFやOfficeファイルでも、ファイル形式そのままで翻訳することが可能です。さらに、翻訳後にもレイアウトが崩れることがないため翻訳された文章をすぐにチェックすることが可能に。訳文を手直しする手間が省けます。

万全のセキュリティ体制

同サービスではお客さまが不安なく使用できるように、堅牢なセキュリティ体制を整えています。まず、SSL通信回線を採用してデータを暗号化して通信を行うことから、第三者からデータを見られてしまうことはありません。さらに、サーバはISMS認証を取得している施設に設置。24時間・365日有人体制で外部からのアクセスから保護しています。 また、翻訳した結果については通常2週間経過後に自動的にサーバーから削除。お客さまのニーズによって即時削除とすることも可能です。

このように、翻訳結果が第三者からアクセスされることがないように万全のセキュリティ体制となっている点も特徴のひとつといえるでしょう。

AI翻訳サービスの利用方法

サービス導入まで流れは、それぞれのお客さまによって異なります。

一例として、導入前にまず製品デモを行い、その後1週間の無料体験版の利用が可能に。製品デモを行うことにより、トライアル期間をより効果的に利用することができるでしょう。無料トライアル期間を経て製品を導入することが決定した場合には契約となりますので、この段階でアカウントと利用プランを決定します。その後利用開始となりますが、アカウントの発行は最短で翌営業日から可能です。

AI翻訳サービスの口コミ評判

引用元:BUSINESS LAWYERS公式サイト(https://www.businesslawyers.jp/static/translation_case3)
引用元:BUSINESS LAWYERS公式サイト(https://www.businesslawyers.jp/static/translation_case2)
引用元:BUSINESS LAWYERS公式サイト(https://www.businesslawyers.jp/static/translation_case1)

基本情報

会社名 株式会社ロゼッタ
対応言語 HPに記載なし
料金目安 年間利用プラン:12万円〜/年+初期費用
導入実績 日本たばこ産業株式会社、ルネサスエレクトロニクス株式会社、株式会社レアジョブ など

安くて実績のある契約書の
翻訳会社BEST3

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。

関連ページ

英文契約書の翻訳会社厳選カタログ・契約書翻訳時のポイント

契約書翻訳ツールカタログ
Legal Transer
LeTRANSLATE(リトランスレイト)
DeepL
WorldLingo
CGCAT

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。
※価格は、2021年12月の情報です。