英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 契約書翻訳ツールカタログ » DeepL

DeepL

  

DeepLの特徴

訳文をニーズに合わせてカスタマイズできる

翻訳を実行した際に、単語や言い回しを変えたいときにも別の訳語一覧から選択することが可能です。変更したい場合には、対象の単語をクリックして一覧から使用したいと考える訳語を選びます。すると、選択した訳語に合わせて前後のテキストが自動で書き換えられます。

また、DEEPL PROプランの場合では、無料版の文字制限5000文字を超えてテキスト翻訳を行うことが可能です。文字数の制限を機にすることなしに翻訳できます。

PowerPoint、Wordの翻訳が可能

全てのプランでPowerPoint、Wordの翻訳が可能。さらに、翻訳した文書ファイルのフォーマットがそのまま維持されるため、翻訳後に修正を行う手間も省けます。また、10MBまでの大きなファイルや、「テキストファイルとHTMLファイル」といったように異なる種類のファイルにも対応しています。

オリジナルの用語集を作成可能

翻訳する文書の中の重要語句については、訳し方についてルールを設定することも可能。この機能により、翻訳後の編集に要する時間を短縮できるでしょう。また、翻訳の際に語調を指定でき、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポーランド語、ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語の場合には敬称と親称の使い分けができます。

さらに、DeepLでは、付属の辞書を活用することも可能。原文や訳文に出てくる単語をクリックすると、その意味を付属の辞書で確認することが可能。このことによって、分脈により合った訳語を探す、例文や類語の参照もできます。

DeepLの利用方法

ブラウザ上で翻訳したい文章を入力して翻訳を行うことも可能ですし、デスクトップアプリをPCにダウンロードしたり、モバイルアプリをダウンロードして使用することが可能となっています。アプリのダウンロードは公式ホームページから行うことが可能となっています。

また、プロダクトやプラットフォームに機械翻訳を直接組み込むことが可能なDeepL APIも用意されています。

DeepLの口コミ評判

引用元:DeepL公式サイト(https://www.deepl.com/ja/translator)
引用元:DeepL公式サイト(https://www.deepl.com/ja/translator)
引用元:DeepL公式サイト(https://www.deepl.com/ja/translator)

基本情報

会社名 DeepL SE
対応言語 英語/イタリア語/エストニア語/オランダ語/ギリシャ語/スウェーデン語/スペイン語/スロバキア語/スロベニア語 など
料金目安 STARTER:ユーザー1名あたりの月額換算750円(年払い)、ADVANCED:ユーザー1名あたりの月額換算2,500円(年払い)、ULTIMATE:ユーザー1名あたりの月額換算5,000円(年払い)
導入実績 HPに記載なし

安くて実績のある契約書の
翻訳会社BEST3

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。

関連ページ

英文契約書の翻訳会社厳選カタログ・契約書翻訳時のポイント

契約書翻訳ツールカタログ
LeTRANSLATE(リトランスレイト)
T-tact AN-ZIN®(ティータクト アンジン)
アイちゃん
トランスマート
リーガルエンジン

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。
※価格は、2021年12月の情報です。