英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 契約書翻訳ツールカタログ » COTOHA Translator

COTOHA Translator

  

COTOHA Translatorの特徴

TOEIC960点超のレベル翻訳精度

COTOHA Translatorは、次世代技術である「ニューラル機械翻訳(NMT)」を活用したAI翻訳エンジンです。NTTグループの日本語解析技術を活用することによって、単位や年号、人名などもスムーズに翻訳することが可能。さらに、お客さまが使用している専門用語も辞書登録を行え、非常に高い精度での翻訳を行うツールとなっています。

「日本語⇔英語」「日本語⇔中国語」「英語⇔中国語」に標準で対応(それ以外の主要言語ペアにもオプションにより対応)。

さらに、契約書や法務文書、財務諸表などを事前楽手させた分野特化型エンジンもオプションで提供している点もCOTOHA Translatorの特徴といえるでしょう。

ファイルを丸ごと翻訳可能

ファイルをそのまま翻訳することが可能な点もCOTOHA Translatorの特徴です。Word、PowerPoint、Excel、PDFのファイルは同ツールにドラッグ&ドロップをするだけで翻訳が可能。翻訳を行ってもレイアウトが大きく変わることはありませんし、図表の中のテキストなども翻訳してくれます。

使いやすいインターフェース

シンプルなユーザーインターフェースであり、さらにSaaS型であるため特別なソフトウェアのインストールも不要となっていることから、専門知識は不要です。さらに、翻訳時の作業は翻訳結果の確認と少しの修正のみとなっているため、これまでと比較すると非常に手間を省くこともできます。

また、リバース翻訳の機能も搭載されていることから、原文との差がないかも確認することも可能です。

COTOHA Translatorの利用方法

サービスを利用する際に必要なものは、「IPアドレス認証無しタイプ」はインターネットに接続できる端末を、また「IPアドレス認証ありタイプ」の場合には、インターネットに接続できる端末とグローバルIPアドレスを用意する必要があります。IPアドレス認証無しタイプの場合には、リモートワーク環境でも利用が可能ですし、IPアドレス認証ありのタイプはセキュリティをより重視する場合に利用するのがおすすめです。

また、1社につき1回、1ヶ月間無料トライアルを申し込みすることができます。もし導入を迷っている場合には、無料トライアルを使用してみることで導入するかどうかの判断がつくでしょう。

COTOHA Translatorの口コミ評判

引用元:NTT Communications公式サイト(https://www.ntt.com/business/case-studies/global/ai/kobelco.html)
引用元:NTT Communications公式サイト(https://www.ntt.com/business/case-studies/global/application/ai/deloitte.html)
引用元:NTT Communications公式サイト(https://www.ntt.com/business/case-studies/global/ai/fidelity.html)

基本情報

会社名 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
対応言語 韓国語/タイ語/ベトナム語/ドイツ語/スペイン語/フランス語 など
料金目安 10ID:88,000円(税込)、15ID:112,200円(税込)、30ID:211,200円など
導入実績 京セラ株式会社、株式会社神戸製鋼所、デロイト トーマツ グループ、フィディリティ投信株式会社

安くて実績のある契約書の
翻訳会社BEST3

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。

関連ページ

英文契約書の翻訳会社厳選カタログ・契約書翻訳時のポイント

契約書翻訳ツールカタログ
アイちゃん
LegalForce
リーガルエンジン
T-tact AN-ZIN®(ティータクト アンジン)
WorldLingo

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。
※価格は、2021年12月の情報です。