英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 英文の契約書を翻訳する際に注意すべきポイント3つ » 英文契約書における『否定』を表す表現

英文契約書における『否定』を表す表現

  

契約書のなかでも、「否定」に関する英語表現については、特に注意が必要です。というのは、否定表現は、禁止事項・条件などによる制約の違いを表す際によく使われるからです。誤訳によって、間違った契約内容が相手に伝わるようなことがあれば、ビジネス取引上の大きなトラブルが生じる原因になってしまいます。

否定の意味を表すには、「文頭の否定」「通常の否定」のいずれかを用います。ところで、英文契約書には、否定を表す接頭語から始まる文が多く見受けられます。ただ、これは契約書に限ったものではなく、英文においては、文頭の否定は頻繁に用いられる表現なのです。ちなみに、否定表現が文頭にある場合、続く文は肯定文のスタイルになっている場合が多いですが、文全体としてはあくまで否定文としての意味合いになります。

では、文頭に否定を表す英語表現が使用される英文について、いくつかのパターンをみていきましょう。

安くて実績のある契約書の
翻訳会社BEST3

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。

関連ページ

契約書翻訳の会社ランキング

英文の契約書を翻訳する際に注意すべきポイント3つ
英文契約書の成立要件と英米法の注意事項
英文契約書における『但書』を表す表現
【解除・解約】
英文契約書でよく使われる単語・表現
英文契約書でよく使われる単語と表現
英文契約書における
『比較』を表す表現

【選定基準】無料トライアルに対応しており、実績が公式HPに掲載されている業者の中から、翻訳料金の価格が安い(※)上位3社(調査日時:2021年9月)。
※各社英訳と和訳の平均価格で比較。
※価格は、2021年12月の情報です。