英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 必見!翻訳会社の正しい選び方【契約書編】 » ネイティブチェックをおこなっている

ネイティブチェックをおこなっている

契約書の翻訳を依頼したい、信頼できる翻訳会社の選び方のひとつに、「ネイティブチェックをきちんと行っている」というポイントがあります。このページでは、ネイティブチェックについての説明をはじめ、その必要性もあわせて解説します。

ネイティブチェックとは?

外国語翻訳で「ネイティブ」という場合、一般的に、翻訳先の文章を母国語としている人のことを指します。つまり、ネイティブチェックとは、翻訳した文章を母国語としている人が実際に読むことで、翻訳ミスがないか確認することはもちろん、「自然な言い回しになっているか」「文章がわかりやすいものになっているか」などについても、校正することを意味します。

翻訳会社といえども、実際に翻訳の作業にあたるスタッフが、の言語を母国語にしている人であるとは限りません。たとえ翻訳者として言語に精通していても、「意味は通るけれども、実際には使われない不適切な表現」といった、ネイティブにしかわからない微妙なニュアンスを取り損ねることになり、翻訳文の品質を左右することにも繋がるのです。

契約書の翻訳にネイティブチェックはなぜ必要か?

契約書の翻訳の場合、ネイティブチェックを行うことは、契約後のトラブルをできるだけ減らすためにも欠かせない重要な項目と言えます。ネイティブにしかわからない翻訳のニュアンスの違いが引き金となって、契約先との交渉がうまくいかなかったり、第三者からの批判にさらされる可能性も起こりうるからです。

例えば、官庁や行政などの文章では、ネイティブチェックがされないことは、まずありません。特許や法律関係、医療関係の翻訳でも同様です。

ネイティブチェックに際し、社会背景や文化なども含めたデリケートな事柄についても、細かいチェックを行います。ちょっとしたニュアンスの違いが生むトラブルを避けるためにも、ネイティブチェックは欠かせないのです。

ネイティブチェックを実施している
翻訳会社を選ぼう

翻訳会社には、ネイティブチェックを受けられる会社と受けられない会社があります。受けられる会社であっても、別料金になるケースもあります。

いずれにせよ、雇用契約しかり、今後、外国人と契約書を交わす必要があるシーンが増えることが、予想されています。ネイティブチェックを受けられる翻訳会社を選び、契約に関するトラブルを出来る限りなくせるように備えておきましょう