必見!翻訳会社の正しい選び方【契約書編】

契約書翻訳を依頼する際の業者の選び方を紹介。実績や料金、問合せへに対する回答のスピードなどについて解説しています。

契約書の翻訳会社は何を基準に選ぶ? 

翻訳会社に限った話ではありませんが、何かしらのサービスを初めて利用する際、どういった基準で選んでよいか分からず悩むことはよくある思います。

一方で、「翻訳業者なんてどこも大差ないだろうから適当に選べばいい」という考えの人もいらっしゃるでしょう。そうした方々のために、翻訳会社選びのポイントを取りまとめてみました。 

ひとつ目は、その翻訳会社のこれまでの実績。翻訳を年間どのくらい請け負っているのか、営業年数、そして知名度の高い企業や官公庁といった翻訳に高い質を求める依頼者からの案件を手がけているかという点は重要な判断材料になります。

ふたつ目は料金。現在、翻訳会社の業界で主流となっているのは、翻訳する元原稿の文字数(英文の場合は単語数)を元に算出するという方式です。

相場としては1文字10円~20円という感じになっています。これらの点を踏まえた上で、料金の適正さと翻訳の質の釣り合いがとれているかが重要になります。

みっつ目はレスポンスやスピード。例えば見積もりの算出に中2日以上かかるような業者は、はっきり言ってしまいますとオススメできません。

完成後の不具合対応などにも不安が残ります。逆に数時間から半日程度で見積もりが出せるようなところであれば、締め切り厳守や翻訳のクオリティにも期待が持てます。 

それぞれの該当ページでは、上記で挙げたポイントについてより詳しく言及しています。ぜひご一読の上、翻訳会社選びの参考にしてみてください。

 
pagetop