英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 国別に解説!契約書の翻訳を依頼する際の注意点 » 韓国語

韓国語

すぐ隣に位置しており、気軽に行ける海外観光地として身近な存在の韓国。しかし、韓国語の翻訳となると、ほとんどの人が読み方さえ知りません。契約書の場合には、どんな翻訳の仕方となるのか詳しく紹介します。

韓国語を翻訳するときの注意点

韓国語は朝鮮語とも呼ばれ、韓国(大韓民国)の公用語です。と同時に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の公用語でもあり、中国の朝鮮族自治州でも用いられている言語です。

韓国語は日本語と同様に限られた地域でのみ用いられていますが、地理的な距離が近い韓国とは海外取引を行う企業も多く、翻訳の需要は決して少なくはありません。事実、多くの翻訳サービス会社が韓国語翻訳を提供しています。

また、韓国語は日本語と文法の語順が同じなど、敬語が存在するなど共通点も多い言語です。ただし、もちろん異なる点もあり、例えば日本語のように性別や数による文法の変化はありません。翻訳する際にも日本語とは文法の違いが見られます。文章を書く場合、日本語であれば漢字・ひらがな・カタカナが入り混じりますが、韓国語ではハングル文字1種類だけが用いられます。

ハングル文字はローマ字と同じ単音文字となっており、母音と子音を組み合わせて文字を形成するため、数多くのパターンが存在します。さらに、英文と同様に単語と単語の間でスペースを開け、分かち書きするのも特徴です。

このように、韓国語は日本語とも近しい言語ではありますが、たとえ韓国語をマスターしていたとしても韓国の法律やビジネスに精通していなければ契約書の翻訳は難しいと言えるでしょう。

韓国語の翻訳を取り扱う翻訳会社一覧

NAIway 翻訳サービス

横浜市神奈川区に本社を構えています。言語は英語・フランス語・中国語、さらには韓国語など多数に対応。自社内にDTPサービス事業部を擁しているのが特徴です。

GMOスピード翻訳

英語・中国語・韓国語など58言語の翻訳サービスを手がけています。スピードを重視しており、24時間・年中無休で翻訳の発注が可能です。

サイマリンガル

韓国語の翻訳に対応。官公庁の執り行う翻訳入札案件は、高いトライアル合格率を誇っています。取引先に官公庁や外資系企業も名を連ね、品質には定評あり。

グローヴァ

官公庁や大手企業を始めとした多様な取引実績からは、翻訳クオリティの高さが伺えます。対応言語は英語・韓国語・中国語・フランス語・ドイツ語など。

まとめ

たとえ、すぐ隣の国であっても、そこで暮らす人々の考え方や、ビジネスへのアプローチには大きな違いが見られます。ビジネスをきっかけに、韓国とは日本はより理解を深めていけるような間柄へと今後も発展していくのではないでしょうか。

そのためにも商取引における契約書は入念に仕上げる必要があります、万全を期する意味でも、韓国語の契約書を作成・翻訳するのであれば、翻訳サービス会社への依頼がおすすめです。