英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 国別に解説!契約書の翻訳を依頼する際の注意点 » フランス語

フランス語

日本人には発音することのできない言葉がフランス語には存在します。会話だけでなく、文書であっても英語に比べて難易度の高そうなフランス語の翻訳ですが、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

フランス語の翻訳について、注意点をまとめてみました。

フランス語を翻訳するときの注意点

フランス語は、地域によってそれぞれ違った発音や異なる用いられ方をしています。特に顕著なのは、かつてフランス人の入植があったカナダのケベック州。公用語としてフランス語が用いられていますが、地域性があります。カナダとの取引であれば英語だけで充分と思い込んでいると、のちのち困惑するケースも。

ケベック州ばかりではなく、フランス語を公用語としている国は多く、その分、フランス語の翻訳者や通訳者もメジャーな存在と言えるでしょう。翻訳サービスを探すときも、多くの業者がフランス語による翻訳を扱っています。

また、フランス語は英語と同様にラテン語の流れをくみ、単語も文体も似ている部分があって数多くの共通点が存在します。英語がネイティブの人や、英会話をマスターしている人であれば、フランス語を習得するのも難しくはありません。

ただし、契約書のように専門性の高い文書の場合は、フランス語とその国々のビジネス、さらには法律など多方面への知識が必要となります。翻訳のクオリティも上がるため、なるべくならプロの翻訳者に依頼するのがおすすめ。お国柄や慣例、気質など、より詳しい情報を持つ翻訳者が理想的です。

フランス語の翻訳を取り扱う翻訳会社一覧

サイマリンガル

英語はもちろんのこと、フランス語など複数の翻訳に対応。官公庁や外資系の企業との取引も多く、翻訳を依頼できる契約書の種類も豊富です。

グローヴァ

翻訳以外にも通訳の事業が並行して行われています。英語やフランス語など、多彩な言語の翻訳に対応しており、比較的に規模の大きな会社です。

翻訳センター

本社を大阪に構えています。英語・フランス語を始めとした翻訳者が国内外に多数登録されており、案件ごとに最適な人材が選択されています。

サンフレア

言語はフランス語など多数に対応。フランス語翻訳においては、国内だけでなくフランス・パリにも事務所を構えている強みが。さまざまな分野の契約書を翻訳しています。

まとめ

翻訳者も多く、フランス語の翻訳にはメジャーなイメージもありますが、これが契約書翻訳となると話は違ってきます。どこの翻訳会社でも、ほぼ英語翻訳は扱っていますが、フランス語翻訳となるとその数は半分か、もしくは半分以下の割合です。フランス語の翻訳を依頼したいときには、必ず翻訳会社に対応可能か不可かの確認をとりましょう。

英語とフランス語が混ざり合っている地域もあり、場合によっては英語とフランス語の両方の契約書が必要となることもあります。