英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 国別に解説!契約書の翻訳を依頼する際の注意点

国別に解説!
契約書の翻訳を依頼する際の注意点

「所変われば品変わる」ということわざがありますが、言語も法律も、そしてビジネスも、それぞれの国によって大きな違いが見られます。

しかし逆に取れば、現代のグローバル社会において、その違いを乗り越えた企業こそが海外進出や海外事業を成功させるのだと言っても過言ではありません。そこで重要となってくるのが海外取引に欠かせない契約書翻訳です。

契約書翻訳を依頼する際の注意点や、どのような点に留意して翻訳が行われているかなどを解説します。

英語

世界の共通語とも言える英語は、私たち日本人にとってもなじみ深い言語です。しかし、それが契約書翻訳となるとその存在はかなり遠ざかってしまいます。

まず、日本語で書かれた契約書と同様に、英文契約書も独特の言い回しが多用されています。そのため、通常の訳し方だと法律的には誤訳となってしまいかねません。

また、アメリカ英語とイギリス英語の違いもあります。契約書を作成する際にはその国の法律や慣例、さらには言い回しのニュアンスなども重要になってきます。英文契約書を作成・依頼する際にも、どの国で使用されるのかをしっかりと意識しておくことが重要です。

英語の契約書翻訳を依頼する際の
注意点を詳しく見る

中国語

今や中国は日本にとってはずすことのできない市場となっています。中国語の契約書翻訳のニーズも高まってきていますが、そこにはいくつか注意点が。

まず、ひと口に中国語と言っても、用いられているのは中国大陸だけとは限らないということを知っておかなくてはなりません。同じ中国の中でも、それぞれの地域性が強いということも注意点のひとつです。

中国だとそもそも中国語の種類が異なっており、台湾や香港で使用されているものには違いが。表記方法も中国では「簡体字」と「繫体字」の2種類が存在しています。

中国語の契約書翻訳を依頼する際の
注意点を詳しく見る

フランス語

フランス語は英語に次いで、世界で2番目に広く使用されている言語。しかし、国や地域よっては、同じフランス語でもそれぞれ違った発音をしていたり、異なる用いられ方をしていることがあります。

こうしたことからフランス語を公用語としている国は多く、翻訳についてもフランス語を得意とする翻訳者の人数は多いと言えるでしょう。

ただし、契約書のように専門性の高い文書となると少し話は違ってきます。フランス語に加えて、ビジネス、さらにはフランスを始めとした各国の法律にも明るくなくてはなりません。

語の契約書翻訳を依頼する際の
注意点を詳しく見る

韓国語

日本語と同様に、韓国語はアジアの限られた地域でしか用いられていませんが、地理的な距離が近い韓国企業との契約書翻訳の需要は、決して少なくはありません。

翻訳サービス会社もその多くが韓国語の翻訳を取り扱っています。韓国語の翻訳では、契約書にもハングル文字1種類だけが用いられます。ハングル文字による韓国語も、文法は日本語と近く、見た目以上にマスターしやすい言語です。

しかし、たとえ韓国語をマスターしていたとしても韓国の法律やビジネスに精通していなければ契約書の翻訳は、やはりプロでなければ難しいと言えるでしょう。

韓国語の契約書翻訳を依頼する際の
注意点を詳しく見る