英文契約書・日本語契約書の翻訳会社ナビ » 契約書翻訳のための基礎知識 » 英文契約書の翻訳

英文契約書の翻訳

ここでは、英文契約書の翻訳におけるポイントをまとめています。専門的なイディオムについての知識の必要性や、誤った翻訳によるリスクなどを解説します。

英語契約書における独特な翻訳

英文契約書の翻訳でまずポイントとなるのは、同じ英単語であったとしても、「契約書」という領域で使われることによって、専門的な訳し方が求められる独特な言い回しや単語がある、ということです。

例えば「consideration」という英単語は、日常的な翻訳では「考慮」や「熟慮」といった日本語になりますが、英文契約書の文脈になると、英米法においてこれがなければ契約が成立しない事項となる「約因」という意味を持つようになります。

こういった英文契約書独特の訳し方を知らないまま、日本語で作成した契約書を、日常的な英語翻訳と同じ感覚で訳してしまうと、いったいどうなるでしょうか?内容に誤訳や齟齬が発生することは言うまでもありませんが、契約できたとしても、契約後に認識の相違が起こったり、万が一のトラブルが発生した場合、大きなリスクに繋がってしまいかねません。

英文契約書の翻訳では法律知識も必要

また翻訳される文章が「契約書」であることから、単に日常的な英語翻訳のスキルのみならず、英米法についての法律知識を有している必要があります。これは、契約後のリスクを考慮しながら、翻訳後を選ばなければならないためにほかなりません。

日本の法律ならば常識的な感覚が働くかもしれませんが、英文の契約書となれば、「英米法の考え方に準拠しているかどうか」はもちろん、日本では想定できないような「暴動」や「ストライキ」の発生時における記載などが必要になります。

トラブルに対する備えとリスク

英米法では、とりわけ同様の裁判における先例に拘束される側面が強いため、そういった判例についての知識も必要です。英文契約書では、想定されるすべてのリスクについての規定を契約書に盛り込んでおくことが常識となっていますから、過去の判例についての知識はほとんど必須のものになります。

契約後に発生するトラブルに備えるため、「リスク管理」という意味でも、英米法や国際法における法律的な知識を持って、英文の契約書を作成することが求められるのです。

まとめ

単純に単語を置き換えたり、無料の翻訳ツールを使用するだけで英文契約書を作成してしまうことは、まず考えられないことであるという認識を持っておきましょう。仮にそういった契約書を作成したとしても、実際の契約シーンになってみれば、相手の同意を得られないものになってしまいます。