売買契約書・販売契約書

売買契約書や販売契約書の役割を解説。英文翻訳(英語化)する時に知っておきたいポイントをまとめました。

大きな金額が動く売買に不可欠な契約書

売買・販売契約書について、それぞれの契約書の役割や内容をおさらいしつつ、英文翻訳(英語化)する際の注意点なども述べていきたいと思います。

売買契約書・販売契約書の役割

これらの契約書の役割は、売り主と買い主の間での約束事を取り交わすこと。

例えばいつ、何を、どれだけ、いくらで、どのような支払い方法で売るのか、商品の納品形態や納品場所をどうするのかといったことが挙げられます。

売買契約書・販売契約書の役割について。目的としては、事前に条件を決めて当事者間で確認してから取引することにより、一方だけが有利な有利になったり望ましくない条件で強引な契約を迫られることを抑止する効果があります。

この類の契約書が交わされるのは、主に大きな金額が動く場合です。数万円程度では売買契約書・販売契約書を取り交わすケースは希と言えるでしょう。

契約書を交わすのは、企業同士の場合や企業と個人という場合もあります。形としてある商品のみならず、不動産や自動車、株式などの売買に用いられます。

売買契約書・販売契約書を翻訳業者に依頼する際のポイントとは。作成時のポイントとなるのは、想定される事態をどれだけ詳細かつ厳格に規定できるかどうか。例として売買目的物の所有権移転の時期や価格、支払い方法、目的物に欠陥があった場合の対応などがあると思います。

また、記載内容に矛盾がないかをチェックすることも不可欠。それゆえ、作成にあたっては英文翻訳の前段階として、行政書士などの専門家によるサポートをうけるのが賢明です。

翻訳業者に売買契約書・販売契約書の依頼をする場合は…

次に、翻訳業者に売買契約書・販売契約書の英訳を依頼する際の注意点について述べていきます。

  • 翻訳する範囲の確認…一字一句すべてを訳すのか、あるいは特定の箇所は翻訳不要なのかなどを決めておきます。
  • 料金の確認…見積もりで出された金額で間違いないか、追加料金は発生しないかなどを事前に確かめておきましょう。
  • 納期と遅延した場合の取り決め…○月○日の何時ということまで決めておきましょう。遅れた場合は、料金割引などの見返りがあるかいなかなども事前に決めておくべきです。
  • 納品後のトラブル対応…例えば誤訳や文章の抜け落ちなどがあった場合、その手直しはどのタイミングまで無償なのかも決めておきましょう。
  • 著作権の有無…納品された翻訳文書には、著作権が発生しているのか否かも確認しておきましょう。

以上が契約書の翻訳を業者に依頼する際の確認事項です。

 
pagetop