ケースクエア

ケースクエアが運営する契約書の英語翻訳会社を調べました。取引のあった企業・団体や業界最安値の料金、利用者の評判などを掲載しています。

「契約書の英語翻訳会社(ケースクエア)」の特徴

ケースクエアは、東京都世田谷区に所在する翻訳会社。なかでも契約書の翻訳サービスを得意としています。

豊富な実績が示す翻訳品質の高さ

契約書の英語翻訳会社を運営するケースクエアの特長といえば、多方面にわたる実績。官公庁や知名度の高い大企業、大学、病院などからの依頼実績が多数あります。

官公庁 文部科学省/国土交通省/防衛省/経済産業省/外務省
大手企業 三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行/みずほ銀行/三菱地所/三井不動産/日産自動車/朝日放送/フジテレビ/集英社/JTB/HIS/ソニー/東芝/パナソニック
大学 東京大学/慶応義塾大学/横浜国立大学/
病院 北里大学病院/慈恵大学病院/国立がんセンター ほか多数

同社は、これらの団体が求める翻訳クオリティの高さを満たしていると言えるでしょう。これは社内に外国人の翻訳者が多いため、ネイティブチェックの品質が非常に良いことが理由なのだとか。

また、年間で約1,000件の依頼にも応えており業務のキャパシティは大きいと判断できます。

業界相場のなかでも低価格設定

契約書の英語翻訳会社を徹底リサーチ!ケースクエアの翻訳料金は、業界相場のなかでも低料金を設定しています。

英訳/和訳の双方において、1文字/1単語につき10円からという価格(基本プラン)。他では20円という会社もざらにありますので、これは注目に値します。

これは対応言語を英語に絞り、固定費などの経費を削減するといった企業努力をして実現。無料で翻訳トライアル(お試し翻訳)を依頼することも可能です。さらに、まとまった分量の翻訳や定期的な依頼などに割引プランも用意されています

見積もり依頼への素早いレスポンスにこだわる

見逃せない特徴として、レスポンススピードの早さ対応の良さがあります。例えば、見積もりは早ければ1時間、長くても半日程度で完了。急ぎや特殊な案件にも柔軟に対応してくれます。

また同社では、依頼者それぞれに専任コーディネータが付き対応窓口を一本化することで、スムーズなサービスを実現しています。このコーディネータは、次回利用時も同じ人がつきます。翻訳を依頼するたびに事情を説明したりすることがないので、発注業務が楽だと好評のようです。

ケースクエア利用者の評判を調査

「これまで多くの業者に依頼してきましたが、こちらのサービスは抜群です。翻訳者の方が深い知識と経験を持って専門的な翻訳をされ、窓口となるコーディネータの方も細かい配慮をされ、急ぎの時や例外事項なども柔軟に対応してくれました。今後もお願いしたいです。(電機メーカー)

「数社からの相見積もりの結果、一番低価格だったのがこちらでした。他社に比べかなり低かったので、品質、納期などが心配でしたが、コーディネータの方の丁寧な対応や仕上がり具合などを見て全くの杞憂でした。今後はすべてお任せしたいと思います。(外資系IT企業)

「学会発表が迫り、短時間で英訳しなければならない事態となり、それまで使っていた所では納期に間に合わないと断られたところ、こちらを見つけ、指定時間内に仕上げてくれました。発表を無事に終える事ができ、大変感謝しています。今後も宜しくお願いします。(国立系病院教授)

基本情報

会社名 株式会社ケースクエア
料金目安 1文字10円~/1ワード10円~
公式サイト http://www.eigo-honyaku.net/
所在地 東京都世田谷区等々力6-3-16
対応言語 英語(英訳/和訳)
 
pagetop